ページ内を移動するためのリンクです。

よりよい社会への挑戦

スポーツの楽しさを伝えていく

株式会社デサント CSR推進室・セールスプロモーション統括部 SP部

株式会社デサントCSR推進室・セールスプロモーション統括部 SP部

CSR推進室 室長
加藤吉幸さん (右)
セールスプロモーション統括部 SP部 部長
関根博さん (左)
セールスプロモーション統括部 SP部 スポーツ振興事業推進担当
山川悦子さん (中央)

スポーツを通じて人々の身体と心を豊かにし、健全なライフスタイルの創造に貢献することをCSRの方針に掲げるデサント。その取り組みのひとつとして力を入れている「すこやかキッズスポーツ塾」について、またこれからの社会貢献活動への課題について伺います。

スポーツを楽しんでもらうことが社会貢献

―どのような理念のもとでCSR活動が行われているのでしょうか

加藤吉幸さん私たちは「すべての人々に、スポーツを遊ぶ楽しさを」を企業理念に掲げ、スポーツ本来の体を動かす楽しさや、競い合う楽しさを提供することで、一人ひとりのいきいきとしたライフスタイルの創造に貢献することを目指して企業活動を行っています。CSRについても常にこの理念を念頭におき、デサントの本業であるスポーツにフォーカスして社会的課題を解決していこうというCSV(共通価値の創造)の考えを基本にしています。

例えば、今日のメインテーマである「すこやかキッズスポーツ塾」などのプログラムやキャリア教育、被災地支援など、さまざまな社会貢献活動を「スポーツ」というフィルターを通して行っていこうということですね。

CSR推進室 室長
加藤吉幸さん

関根博さん変化する社会の要求に対して、スポーツという私たちの得意分野を活かして解決していこうという試みは、社会と私たち相互にとって共通の価値を生み出していくということに繋がっていくと考えています。

加藤さん少子化問題やスポーツ機会の減少などさまざまな問題が重なって、子どもたちの体力の低下を招いているといわれています。今、私たちは、社会と共通して取り組むべき大きな課題として「子どものスポーツ離れ」を挙げています。

セールスプロモーション統括部
SP部 部長
関根博さん

関根さん最近、公園で子どもたちの走り方教室が開かれているのを見かけました。今の子どもたちは走ることも習いごとになっているのかとショックでしたね。このままで日本の未来は大丈夫かなと心配になりました。スポーツは心身の健全な成長を促すだけでなく、競い合うことで得た喜びや悔しさから人生の教訓を得られるものだと思うんです。そうした体験を子どもの時からどんどんして欲しいなと思っています。

山川悦子さん私がさまざまな現場で子どもたちと触れ合って感じるのは、積極的にスポーツをしている子どもと、していない子どもの二極化が進んでいるということですね。家庭によって大きな差が生じてしまっている。運動習慣が身に付いていない子どもたちでも学校の体育の授業の中で一人ひとりの力を伸ばすことができたらいいなと思っています。今、2020年の東京オリンピックに向けて官民一体となって進められているさまざまな取り組みがありますが、こうした流れがスポーツをとりまく課題に向けた追い風になるのではないかと期待しているところです。

セールスプロモーション統括部
SP部 スポーツ振興事業推進担当
山川悦子さん

加藤さん私たちが活動を行う上で、行政の動きを組み込んでいくということも大切ですよね。2011年にスポーツ基本法が施行され、その規定に基づいて制定されたスポーツ基本計画の中で「今後10年間を見通したスポーツ推進の基本方針」として最初に掲げられているのが、「子どものスポーツ機会の充実」ということなんです。

山川さん私たちがまずは多くの子どもたちに体を動かす楽しさを知ってほしい、そのきっかけを提供しようと行っている「すこやかキッズスポーツ塾」が、文科省や自治体のご協力を得られているのも、まさにそうした方針と合致しているということがありますね。

関根さんスポーツ振興にしても、地域の活性化にしても、これから私たち企業の持つノウハウやネットワークを活かして社会貢献をしていくということが、ますます求められてくるでしょうね。多くの企業がそうだと思うのですが、デサントには社会貢献活動だけをする部署がないので、必然的にそれぞれの実働部隊に協力してもらわないといけない。だから私たちの社会貢献活動は自然発生的に各部署からこんなことをしてみたいと申請があがってきますよね。例えば私と山川さんがいるSP部では、子どもたちへのスポーツ推進に関連する企画だったり。

左から、加藤吉幸さん、関根博さん

加藤さんいろいろきますよ。サッカー関連の部署からは、夢を持つことの大切さをサッカー選手が子どもたちへ伝えるプログラムだったり、東京オフィスのある豊島区目白では、地域活性のためにロードレースに特別協賛したり、森林保全活動ならアウトドアの部署からという具合に。限られた人員や予算の中でどの活動を実施するか、というまとめ役が私のいるCSR推進室です。

山川さん企業なのでやはり経営環境によって社会貢献活動への取り組み方が変わることもありますよね。私なりには決められた予算の中でどこにボリュームを置くのか、どうしたら皆さんにもっと喜んでいただけるかということと、活動の目的に沿ったものをどうやっていくかということを考えて、いろいろ企画していきたいなと思っています。

加藤さんそもそも社会貢献って何だろうと考えるとき、社内でよく話に出るのは、人々にスポーツを楽しんでもらうこと自体が社会貢献なんだということ。だから考えようによっては、すべての企業活動が社会貢献に繋がるといったらそうだし、一方で販促やビジネス的な面がないとはいえなくなってしまう。この表裏一体の中で、社会貢献活動とビジネスとの間にある境をどう位置づけていくのかが難しいところですね。