ページ内を移動するためのリンクです。

アスリートからの伝言

自分をどこまで信じきれるか

日本にバドミントンブームを
巻き起こしたオグシオ時代。
そして無限大の未来を語る

元バドミントン選手小椋 久美子

3月のある晴れた日、約束の時間より少し早く現れた小椋さんが、「ここまで歩いてくる途中に桜が咲いていましたよ」とにっこりと笑うと、その場の空気がふんわりと和む。現役時代のキリリとした印象とはまったくちがう、柔らかな空気を纏った人だ。引退から5年、オグシオペアとして日本に一大バドミントンブームを巻き起こした選手時代を振り返って今思うこと、リオ五輪の注目選手、そして未来への挑戦について語ってもらった。

バドミントンが大好き、それが私の原点。

「最近、ハマっているのがカフェで読書することなんです。今日もここに来る前に寄ってきたんですよ」写真撮影の合間に自然体でそう話し出す。好きな作家は道尾秀介、湊かなえ、横関大・・・・それから最近は恋愛マンガがおもしろくて、と少し照れ笑い。ゆったりと過ごす自分の時間を心から楽しんでいる様子がこちらにも伝わってくる。「小さいことでも幸せだって感じられる人が一番の幸せ者だと思うから」という自身のブログに書かれた言葉通り、日々の暮らしを大切にしているのだろう。まずは最近の活動についての質問から。

「引退してから一番多くさせていただいているのは、USFのスポーツキャンプをはじめ、日本全国を巡りながら子どもたちを中心にバドミントンを教えることですね。教えるといっても、選手の育成や強化というより、バドミントンを通じてスポーツを好きになってもらえるようなきっかけづくりを目的としています」 もともと保育士になりたかったほどの子ども好き。子どもたちと一緒にわいわいスポーツを楽しむ時間が最高に楽しいという。そうした触れあいの中で、バドミントンの魅力を再発見したりすることは?と聞いてみると、「自分が子どもの頃に、バドミントンが大好きで楽しくてしかたなかったことを改めて思い出しますね。のびのびとプレイできる環境の中で思いっきり味わったあの楽しさが私の原点だなって。だから子どもたちにもスポーツの楽しさを知ってもらいたいんです。好きなスポーツに出会えることで、目標をもったり、その目標のためにどう頑張ろうかとか、そういうことを自分で考えて成長していけると思うから」と、自らの経験と重ねつつ、指導者としての顔を覗かせる。

バドミントン人生の始まりは小学校2年生。兄や姉の影響で地元のスポーツ少年団に入ったのがきっかけだった。「もともと外で身体を動かすのが大好きだったから、本当はサッカーがやりたかったんです(笑)。でも当時そこにはバドミントンかミニバスケットの2つしか選択肢がなくて。私にはたまたまバドミントンがあっていたけれど、もし違う競技だったら今のような結果が出せずにいたかもしれない。そう考えると、子どもの頃にいろいろなスポーツに触れ、たくさんの選択肢の中から自分にあったスポーツを自分で選べる環境ってとても大事ですよね。

子どものときからスポーツをしてほしいと思う理由はそれだけではない。小学生くらいまでにいろいろな運動を経験することで、身体の使い方やバランスのとり方など基礎的な運動能力が養われるからだという。「わたし自身、今、趣味でサッカーをしていますが、大人になってから他の競技に挑戦しても、子どもの頃に知らず知らずのうちに身についた能力が活かされているなと感じています。身体を動かすと気分も爽快になるし、体力がつくといろいろなことが億劫でなくなるんですよ。例えばちょっと距離はあるけど歩いちゃおうとか、そうすると心も身体もどんどん元気になるでしょ?だから、わたしは子どもたちがスポーツをやってみようと思うきっかけづくりをお手伝いできればいいなと思っています」