ページ内を移動するためのリンクです。

アスリートからの伝言

楽しみながら成長したい

稀代のエース
木村選手が見据える
リオ五輪への道のり

プロバレーボール選手木村 沙織

笑顔のエース・木村沙織選手は、コートを離れても笑顔を絶やさない。試合中に放たれるアスリートとしての気迫も、全日本チームのキャプテンとしてのプレッシャーも感じさせないふんわりとしたオーラで空気を和ませる。ひとつひとつの質問に丁寧に向き合いながら紡ぎ出される答えには、バレーボールへのひたむきな想いがあふれている。一度は引退を決意した木村選手が、4度目のオリンピックとなるリオデジャネイロで金メダルを目指すまでの葛藤や成長、これからのバレー人生を語る。

後悔だけはしたくない

目標はリオデジャネイロオリンピックの金メダル。新生「火の鳥NIPPON」のキャプテンとして4度目のオリンピックを目指すまでにはさまざまな葛藤があった。17才で初めて代表入りを果たしてから今日まで日本のエースとしてバレーボール界を牽引し続けてきた。

プレミアリーグの東レでの数々のタイトル、夢だったオリンピックでのメダル獲得、世界最高峰のトルコリーグへの移籍、バレーボール選手としてやりたいことは全部やってきた。その達成感からか、自分の中で勝つことへの貪欲さが薄れていくのを感じていた。

2012年の11月、移籍先のワクフバンクのメンバーとして参戦していたヨーロッパチャンピオンズリーグ中に引退を決意する。「ある時スパっと辞めるなら今かなって思ったんです。選手としてやりきった感じがあったので迷いはありませんでした」そんな彼女をもう一度コートに引き戻したのは、全日本の眞鍋 政義監督だった。

ヨーロッパチャンピオンズリーグの解説でトルコを訪れた眞鍋監督から、突然全日本のキャプテンになって欲しいと打診を受ける。「びっくりしました。辞めようと決めていたときにいきなりキャプテンという話で。バレーを続けることも考えられなかったし、絶対無理ですとすぐに断りました」自分の決断を頑なに貫く木村選手の性格を理解している監督も一歩も引かなかった。選手の実績を重視する監督にとって、五輪を3回、世界選手権を3回経験している木村選手しか次のキャプテンは考えられなかったと後に語っている。

その日から続行を決断するまでの約1ヵ月間、眞鍋監督との押し問答を繰り返しながら、自分の心の声に耳を傾けた。「小学校2年生から始めたバレー人生の中で一度もキャプテンをしたことがなかったので、もし自分がキャプテンになったらどんなチームになるのかなと考えている自分に気づきました。あとで私がキャプテンだったらこうするのになんて後悔だけはしたくないなという気持ちと、トルコで試合に出る機会が少なかったので、このまま終わっていいのかなという気持ちが少しずつ大きくなっていきました。それから、シンプルに眞鍋監督ならリオでメダルが獲れると思ったことも大きかったですね」

眞鍋監督に全幅の信頼を寄せて始動した木村キャプテン率いる全日本チームは今年で2シーズン目を迎える。「ロンドンオリンピックの後、ベテラン選手から若い選手へとガラリとメンバーが入れ替わり、昨年は若い選手たちが日の丸の重みを感じて経験を積むというフェーズでした。

今年は去年よりもっと成長できるように、私もキャプテンとしてチームをしっかり引っ張っていきたいと思っています」歴代のキャプテンたちを仰ぎながら、あくまでも自分らしくをモットーに前進する。「理想のキャプテン像は特にありません。先輩たちを真似しようとしてもできるものではないですし、私らしくやるだけです」とどこまでも自然体。気負いは一切ないように見えるが、実は、自らに課された責任は数字でしっかりと認識している。

眞鍋監督が導入するIDバレーでは、アタック決定率などさまざまなデータが綿密に分析・検証される。「木村選手が崩れたら日本は負ける」という監督の言葉を数字で裏づけながらエースとしての自覚を徹底的にたたきこまれてきた。「最初は監督の言う意味がよく理解できず、何を言ってるんだろうなという感じでした。でも試合を重ねるごとに細かなデータが出てきて、自分の数字の良し悪しが勝敗につながっているのがわかり、自分の中でだんだんと責任や自覚が出てきました。数字で出されてしまうともう逃げられないですし(笑)」

責任と自覚をもつことでプレッシャーはないですか?との質問には笑顔でこう答える。「バレーはチームスポーツなので、プレッシャーは皆と少しずつ分け合うようにしています(笑)。変にプレッシャーを感じてしまうと自分のプレイができなくなってしまうし、その方が嫌なので、自分もメンバーもなるべく自然体でいられるような雰囲気作りを心がけています」みんなが自然体でいられる秘訣は、どんなときでも笑顔を絶やさないこと。メンバーには自分から積極的に声をかけ、コミュニケーションを大切にしながらチームをひとつにまとめていく。「自分ではとくに意識していない」といいながら、しっかりと木村スタイルのキャプテンシーを発揮している。