ページ内を移動するためのリンクです。

アスリートからの伝言

飛び込む勇気が未来を拓く

中国プロリーグで優勝を果たし
帰国したばかりの大神選手が語る
果てなき情熱とこれから

プロバスケットボール選手大神 雄子

この人がいるだけで一瞬にしてその場の空気が明るくハッピーになる。目の前に現れた大神選手を一言で表すならまさにそんな人。身長170センチ、ショートヘアとハスキーボイス。そのボーイッシュな風貌と飾らぬ人柄、気迫あふれるプレイスタイルで、国内外のファンはもちろん選手たちをも魅了する。昨年合流した中国のプロリーグでの優勝を果たし、帰国したばかりの大神選手が語るバスケットへの思いとこれからとは。

人と出会うことで、選択肢が増えていく

女子バスケットボールの司令塔・大神雄子選手の存在をなくして、アジア選手権での43年ぶりとなる優勝はなかったと語るファンは多い。日本代表のキャプテンとして、ひとりの選手として、常に「世界一」を目指してきた大神選手が、昨年のこの大きな勝利の後に決意したのは長年のライバルである中国のプロリーグWCBAへの挑戦だった。

12年間在籍したJX-ENEOSを離れ、世界から注目を集めるWCBAで新たな挑戦をするまでには、さまざまな葛藤があったという。

「中国語もまったく話せなかったですし、正直なところ、いろいろな報道の影響もあり、中国に行くということに不安もたくさんありました。でも選手であるかぎりもっと上を目指したいという気持ちと、世界中からトップ選手や指導者が集まる新しい環境に飛び込んでいくわくわくドキドキ感の方がそれよりもっと強かったんです。アジア選手権での優勝が自信になったことも大きかったですね」

オファーを受けた3チームから大神選手が選んだのは、リーグ2連覇を狙う山西フレーム。決め手は、ルーカス・モンデロヘッドコーチの「私が一番大切にしているのは、ロッカールームの雰囲気だ」という一言だった。「ヨーロッパを制したスペイン代表のヘッドコーチであるルーカスの指導を受けたいという気持ちもありましたが、私自身、日々の生活が一番大事だという考え方なんです。ひとりの人間として生きる毎日の中に選手としての自分があって、そこにたまたまオリンピックがあったり、アジア選手権があると考えているので、彼がコートを離れた時間を大切にしているということが心に響きました」

こうして不安と期待を胸に中国に旅立ってから4ヵ月後の2014年3月、1万3000人のファンで沸きかえるホームスタジアムでリーグ優勝を祝う大神選手の姿が日中のメディアを賑わせることとなった。「優勝という最高の結果を残せたのは、最高のコーチと最高のチーム、最高のファンの皆さんに囲まれたからこそ実現できたと思っています」日本のみならず中国のファンからも愛される選手となった今も謙虚な姿勢は変わらない。

即戦力を求められるプレッシャーを力にかえて、チームの勝利に大きく貢献したという自信が中国での収穫では?と尋ねると「一番の収穫は人との出会いです。監督も選手たちも中国に行かなければ出会えなかった人すべて。出会いが多いほど話をしたり聴いたりする機会が増えて、いろいろな人の経験や考えをもとにした自分の選択肢が広がっていくと思っています。物事を考えたり判断したりする上で、たくさんの選択肢を持つことはとても大切ですから」相手の言葉をキャッチして、自分の成長へと繋げていく、これこそがアスリートの視点なのかもしれない。