ページ内を移動するためのリンクです。

アスリートからの伝言

壁があるから強くなれる

世界を舞台に進化を続ける
大儀見選手を支えるものとは?
その強さの秘密を探る

プロサッカー選手大儀見 優季

ウェーブのかかったロングヘアとムートンブーツ姿で登場した大儀見選手。世界を代表するエースストライカーとして試合中に見せるクールな表情とは正反対の自然体の笑顔が印象的だ。昨年、新たな挑戦の場としてイングランドのチェルシーLFCに移籍し、一時帰国中の大儀見選手に、進化を続ける強さの理由や未来、プライベートのことを語ってもらった。

できなかったことを、できるようにする

小さなときから外遊びが大好きな活発な子だった。「兄がいたので年上の男の子と遊ぶことが多くて、自然とそうなっていったという感じです。サッカー以外にもピアノやそろばんなど、いろんなことにチャレンジすることが好きでした。それに勉強も好きでしたね」

大儀見選手がサッカーを始めたのは小学校1年生のとき。もともとバスケットボールの選手だったというスポーツ好きな両親のすすめで、2歳年上の兄(永里源気)が所属していた男子ばかりのサッカーチームに入団した。「お兄ちゃんもやっているし、やってみたら?と言われて、妹、(亜紗乃)と一緒に始めたんです。最初はしぶしぶでした(笑)。

でも市内の大会でも一回戦負けしてしまうような弱小チームだったので、自分で言うのもなんですが、まわりの男子より上手でした。だからそれなりに楽しかったですね」

のちに全員がサッカー選手となる兄妹3人で、小学生時代は校庭にサッカーをしに行ったり、家の前でボールを蹴って遊んでいたという。「よくボールが道路に出て怒られたりしてました(笑)。兄妹でライバル意識をもつとかそういうのは全然ありませんね。なんとなく始めたサッカーでしたが、サッカー選手を目指す兄の姿を見て、私もサッカー選手を目指そうかなという気持ちが漠然と芽生えていきました」

中学1年生でサッカーの名門、日テレ・ベレーザの下部組織であるメニーナに入団する。ベレーザへの昇格と日本代表入りを目標に日々厳しい練習に打ち込む中、全日本女子サッカー選手権の関東予選決勝に出場し、そこでスタジアムが一瞬静まり返るほどの豪快なゴールを決める。

「今でも決められないと思うぐらいのゴールでした。中学1年生の私が大学生を相手にドリブルで抜いていって、遠目からのロングシュートで決めました。今までのすべてのゴールを振り返っても、やっぱりあの時が一番心に残っていますね」こうしてストライカーとして瞬く間に注目が集り、中学3年生のときには目標だったベレーザにも昇格、Lリーグ(現・なでしこリーグ)の試合にも出場するようになった。

卓越したセンスと身体能力で、一気にスター選手への道のりを駆け上がったかのように見える影で、ひとつひとつの目標を掲げて成長するプロセスをとても大切にしていたという。「できなかったことができるようになる、その喜びが自分の中でとても強かったんです。これだけ練習したらできるようになるんだっていうのが分かるようになってきて、それを積み重ねるのがすごく楽しくて。

勉強でもスポーツでも何でも、できなかったら悔しいじゃないですか。その悔しさが、必ず自分を成長させてくれるというか、その悔しさを経験するために、新しいことにどんどんチャレンジしていました。」この時から変わらぬチャレンジ精神が、今も進化を続ける強さの秘密なのだ。