ページ内を移動するためのリンクです。

アスリートからの伝言

チャレンジする心を
伝えたい

日本のサッカー界にその名を刻む
エースストライカー・平瀬智行の
サッカー人生とこれから

元プロサッカー選手平瀬 智行

184センチの長身にトレードマークの茶髪、名ストライカーとして一時代を築いた現役時代と変わらぬ姿でリラックスしたムードを醸し出す。2010年に現役を引退した今、ベガルタ仙台のアンバサダーとして地域への貢献活動をはじめサッカー解説やクリニック、講演会など、今もサッカー一色の多忙な日々を送っている平瀬選手が語るサッカー人生とは?

一冊のノートが宝物

サッカーに出会ったのは幼稚園のとき。「僕の通っていた幼稚園に初めてサッカーチームができて、そこに入ったのがきっかけです。最初はまったく興味がなくて、親の話によるとボールと離れた場所で石ころ蹴ったりして遊んでいたらしいです。」もともと外で遊ぶのが大好きな活発な子どもだった。スポーツ好きの父親の影響で何かを始めるのは自然な流れだったという。

「親父がフルマラソンを走るような家だったんです。だから運動会の10日前くらいになると、毎朝兄弟3人たたき起こされて短距離の練習をさせられました。それはもうビリなんて絶対に許されないというか、そういう親父のもとで随分鍛えられましたね」

地元のサッカーチームは小学校3年生まで入れない決まりだったので、1・2年生までは親のすすめで空手を習っていた。「2年生のときに外でサッカー部の練習をしているのを見て、かっこいいなと思ったんです。それでやっぱりサッカー部に入ろうと思いました。でも3年生になってチームに入れた頃には、友達と遊んでいるほうが楽しくてほぼ練習に行ってなかったですね(笑)」

そんな普通の少年が4年生になったある日、テレビに映るマラドーナを初めて見て衝撃を受ける。「いやぁ、かっこよかったですね。こんな風になりたいと。そのとき初めてプロのサッカー選手になりたいと思いました。当時日本にはまだプロチームというものがなかったので、子どもの純粋な夢としてですが」

それからはサッカーに夢中の毎日。当時の宝物が今でも実家に大切に残されている。「何を思ったのか真っ白なノートに自分がこれからなりたいと思ったことをバーっと書いていったんです。小学校では鹿児島の代表に入ってとか、中学に行ったらこう、高校に入ったらこうと、日本代表になるまでかなり具体的に書いていました。オリンピックに出るとか、日産(横浜F・マリノスの前身)に入りたいとか、アルゼンチン(実際にはブラジル)に留学というのも全部書いていたんですよ。それが今見ても不思議なくらい本当にすべて叶っていったんです。

でもね、ひとつだけ書き忘れていたのがワールドカップ出場、それだけが抜けてました(笑)」夢をひとつずつ実現する間、そのノートをいつも傍らに置いて何度も見返してきた。子どものときに純粋な気持ちで描いた「なりたい自分」は、今日までのサッカー人生を支える大きな力となった。

夢ノートの予言に従って(実際には中学時代に九州大会を勝ちあがり、その才能に目をつけた松澤隆司監督からの熱いラブコールで)サッカーの名門・鹿児島実業高校に進学する。そこには想像をはるかに超えた厳しい練習の日々が待っていた。

「冗談抜きで血尿が出るほどの厳しさでした。普通テスト期間中って部活は休みじゃないですか、でもサッカー部はダッシュ期間なんです。100メートルを14秒で走って46秒で戻ってくる1分のセットを30本。それを10日間で40本、50本と増やしていくんです。もう家に帰って勉強どころではなかったですよ」

今振り返ると、プロに必要な精神力は高校3年間で鍛えられたと断言できるという。「鹿児島実業は基本的に精神を強くする学校なんだなという実感はありました。朝練は冬でも上半身裸ですし、今と違って真夏の炎天下でダッシュするときも水を飲めない時代でしたからとことん精神的に追い込まれて。毎日やめたいと思っていました」それでもサッカーを続けられたのは、絶対にプロになるという強い気持ちがあったからこそ。そして時代も味方についた。

中学3年のときにJリーグが始まり夢の世界が目前に現れたのだ。「ここでやめられないなっていうのがあるじゃないですか、プロになるまでは。当時は本当にきつかったですが、今はあの経験があったから、ちょっとのことではへこたれない精神力が身についたと思えます」

高校生活の最後に松澤監督への恩返しとして挑んだ高校サッカー選手権で優勝、大会得点王となった。「最後に監督を胴上げしたかったのにどこにもいないんですよ(笑)。あとからロッカーで一人泣いてたと聞いて、厳しかったけど熱い心で僕らに向き合ってくれたいい先生だったんだなと思いました」