ページ内を移動するためのリンクです。

アスリートからの伝言

Never too late
失敗を恐れない

日本人初のNBAプレイヤーとして
憧れの舞台に立った田臥選手が語る
自分とバスケットの未来

バスケットボールプレイヤー田臥 勇太

インタビューが行われたのは9月に開幕したばかりのNBL(ナショナル・バスケットボール・リーグ)のシーズン真っ只中。約束の時間からほんの数分遅れ、「お待たせして申し訳ありません」とその場の全員に頭を下げながら部屋に入ってくる姿に誠実そうな人柄が滲み出る。

現在リンク栃木ブレックスの司令塔としてチームを牽引しながら、日本人初のNBAプレイヤーとして自身のさらなる高みを目指す田臥選手に、子ども時代から現在、そして未来を語ってもらった。

寝ても覚めてもバスケット一色の日々

数日前に33歳の誕生日を迎えたばかりの田臥選手がバスケットに出会ったのは小学2年生の時。「もともと母と3つ上の姉がやっていたので、それにくっついて行ったのがきっかけです。サッカーなど足を使うスポーツより手を使う方が得意だったということもあったし、チームスポーツなのでお兄さんたちと一緒に体を動かすのがとにかく楽しくて、すぐに夢中になりました」

小さな頃からスポーツが大好きだった少年がバスケットボールの世界に夢中になったのにはNBAファンの父の影響も大きかった。「当時、父がテレビで放送されたNBAの試合を録画してくれていて、そこで初めて見たマジック・ジョンソンのかっこよさに衝撃を受けました。それからは、どうしたら彼みたいになれるだろうと何度も繰り返しビデオを見て、プレイを真似したりしていました」

小学校のバスケット部に入って全国大会に3度出場、地元の中学に進んでからは部活の練習後も近所の公園で黙々と練習に励むバスケット漬けの毎日を送り、主将を務めた中学3年の時に全国中学生大会で得点王に輝いた。その卓越したセンスとスピード、スキルで田臥勇太という名前は瞬く間に全国に知れ渡ることとなり、ある日、NBAのスーパースター、パトリック・ユーイングとのテレビコマーシャル出演の話が舞い込んでくる。

「撮影はニューヨークで行われたのですが、アメリカに行くのも初めてで、憧れのユーイングに会えたり、NBAの試合を生で観戦したり、すべてに感激しっぱなしという感じでした」ユーイング選手が実際に目の前に現れたときのことは今でも鮮明に覚えている。「あんなに大きい人(2メートル13センチ)をそれまで見たことがなかったし、それはもう圧倒的なオーラを放っていました。

撮影中の思い出は、彼にドリブルを取られるというシーンで僕が本気になってかわしてしまった時に、取らせてくれよというようなジョークでその場を和ませてくれたことですね」撮影後に観戦したマジソンスクエアガーデンでのニューヨーク・ニックス対メンフィス・グリズリーズ戦では、ユーイングをはじめトッププレイヤーたちが繰り広げる圧巻のプレイにただひたすら心を震わせていたという。ひとりのバスケット少年が世界最高峰の世界に触れ、感じたことが、未来を照らす道しるべとなった。

中学卒業後はいつも傍で見守っていてくれた親元を離れ、バスケットの名門として知られる秋田能代工業高校への入学を決意する。「両親は、自分で決めたのなら思いきり頑張ってきなさいと言って送り出してくれました。どんなときもああしろこうしろと言わず、自分の好きなことをして欲しい、私たちはそれを応援するだけだから。と言ってくれることにとても感謝していますし、それが今日までずっと大きな支えになっています」

日本屈指の強豪校では1年生からレギュラーの座を獲得し、高校総体、国体、全国高校選抜の3大タイトルを3年連続で完全制覇、史上初の9冠を達成する。高校3年生にして日本代表に招集され、田臥選手は一躍時の人となった。日本全国の大学からスカウトが殺到する中、次なるステージに選んだのはアメリカだった。