ページ内を移動するためのリンクです。

アスリートからの伝言

一瞬一瞬を全力で突き進む

小さな巨人が目指す
4回目のオリンピック
その熱き思いと果て無き挑戦

ウエイトリフティング選手三宅 宏実

身長146センチ。極限まで鍛え抜かれた身体が積み上げられてきた努力の日々を物語る。小さな巨人という表現がこれほど似合う選手が他にいるのだろうか。中学時代にテレビでシドニーオリンピックを見て感動し、ウエイトリフティングの選手になった。夢だったアテネ、北京、ロンドンオリンピックへの出場を果たし、世界が注目する中、銀メダリストとして4回目のオリンピックに挑む。リオへの意気込みと一瞬の勝負に込めるアスリートとしての熱い思いを聞いた。

私にとって今が勝負どころ

愚問だと知りつつ、今の目標を。「やっぱり最大の目標はリオオリンピックでメダルを獲りたい。でもまずはオリンピックに行くことですね。そのためには11月に行われる世界選手権の48キロ級で優勝を目指さなければと思っています。リオ開幕まで1年を切っている今、目の前にある一つひとつの目標をクリアしてステージアップできたらいいなと考えています」テレビのインタビューなどでお馴染みの柔らかな三宅スマイルで、気負いなくそう答える。4回目のオリンピックということについて聞いてみても「あまり意識することはないですね。自分の中では常に初めてのオリンピックだと思って挑んでいるので、気づいたら、あぁ、もう4回目なんだという感じです。もちろん、ひとりのアスリートとして夢の舞台にもう一度挑戦できるのはとても幸せなことですし、その可能性がある限りチャレンジしていきたいと思っています」と、いたって自然体だ。

実は、この前向きな目標が持てるまでには2年という時間が必要だった。ロンドンオリンピックで銀メダルを獲ってから、しばらくは競技者としてのモチベーションが保てず悶々とした日々を過ごしていたという。「ずっと目指してきたメダルを獲ることができて、自分の中で何かがふっと切れてしまったんです。それは選手生活の中で初めての経験でした。それからなかなか次の目標に向かっていけなくて、自分でもどうしていいのか分からないまま1年、2年と時間が過ぎてしまいました。いつも冬季オリンピックが始まると、あ、そろそろだな、オリンピックまであと2年しかないぞ、頑張らなくちゃとスイッチが入るのですが、ロンドンオリンピックの後はまったく記録が戻らず、ひたすら悩む日々でした」

そうした中で4回目のオリンピック出場を目指そうと決めたきっかけは何だったのか?「特に何かあったというわけではないですが、やっぱり家族をはじめ、応援してくださるたくさんの方々にもう一度、自分が結果を出すことで恩返しをしたいという気持ちが一番大きかったですね。自分ひとりの力ではもうとっくに心が折れてしまっていました。でも、今こうしてなんとか頑張ることができるのは、本当にたくさんの方々に温かく支えていただいているからなんです。だから、まずは秋の世界選手権でしっかり結果を出して来年に繋げたい。私にとって今が勝負どころだと思っています」

何度も口にする周囲への感謝の言葉には、トップアスリートとして歩み続けてきた15年間の歴史が詰まっている。これまで多くの応援の言葉に励まされ、力をもらってきた。印象に残る出会いのひとつはロンドンオリンピック直後のこと。「声が出ない障がいをもった方がいらっしゃって、そこにあった紙ナプキンに "感動しました。勇気をありがとう" と書いて渡してくださいました。私は、ただ全力でオリンピックに挑むことしか考えていなかったけれど、それを見てこんな風に何かを感じてくださった方がいることに驚きました。そして純粋にとても嬉しかったですね。アスリートとして頑張る姿が、誰かの何かをするきっかけだったり、ひとつの力になったとしたら、それは光栄なことだと。私自身、中学生のときにシドニーオリンピックを見て、自分もいつかこの舞台に立ちたいと思ったのが選手になるきっかけだったので、オリンピックの影響力は大きいなと感じています。だから、現役選手でいられる以上は、力の限りを尽くすことが最大の使命だと思っています。それによって、どこかで誰かを少しでも勇気づけることができるのなら、それも私ができる恩返しのひとつなのかもしれませんね」