ページ内を移動するためのリンクです。

アスリートからの伝言

スケートが
僕にくれたもの

さらなる進化を目指して
3度目のオリンピックに挑む髙橋選手から
今、次世代の子どもたちに伝えたいこと

フィギュアスケーター髙橋 大輔 選手

インタビューが行われたのは北海道での強化合宿を終えたばかりの8月中旬。メディアで報じられている順調な調整についてたずねると「取材のときに、たまたま調子が良かっただけです。あとはいつも通りでした」と屈託なく笑う。常に日本中の期待を背負っているプレッシャーを微塵も感じさせないその笑顔は、リンクの上で見せる神々しいまでの印象と異なり、まったくの自然体だ。

「毎年夏に行う合宿では徹底的に基礎体力を上げていきます。体力的に自分を追い込むことでメンタルもちょっと鍛えられる感じがするので。でも、メンタルの追い込みは試合前のぎりぎりまでしないタイプですね。まさに今日から学校なんだけど、まだ夏休みの宿題ができてないみたいな感じです(笑)」そう言ってまた周囲を和ませる。

子どものときに楽しいと感じたことは、
大人になっても忘れない

男ばかり4人兄弟の末っ子、甘えん坊で引っ込み思案だった少年時代は両親の勧めで少林寺拳法やアイスホッケーなどいろいろなスポーツに挑戦してきた。

「何をするにも最初はヤダヤダって言っていました。球技は得意じゃなかったのに野球もやりましたよ。小学生なりの付き合いとかあるじゃないですか(笑)。みんなとワイワイやるのは好きだけど、球技って他にうまい人がいっぱいいるでしょ。見栄っ張りなので、できない自分が嫌で本当はあまりやりたくなかった」

人にかっこ悪いところを見せたくなかったという記憶は、今もはっきりと残っている。もともと個人競技が好きで体操がやりたかったが、遠くまで通わなければならずに断念した。

「今思えば体操教室が近くなくて良かった。もし体操を選んでいたら、同年代には内村くん(内村航平選手)がいますもん、絶対敵わないですよ(笑)」

8歳のとき、たまたま家の近くにできたリンクでフィギュアスケートと運命の出会いを果たす。「これだな、と思ったんです。これがやりたいと直感的に。ほかのことはやりたいと思わなかった」初めて自らやりたいことを見つけた喜びに加え、地元のみんなとスケート場に遊びに行く感覚で通った練習も楽しかった。

「今はもうスケートが僕の一部みたいになっているので、楽しいというよりしんどいと感じることも多くなりましたが、でもやっぱり根本的に好きなんだと思えるのは、あのころに感じた楽しさが今も心に残っているから」だと当時を振り返る。

髙橋選手が始めたころのフィギュアスケートは、女性のスポーツのイメージが強くマイナーだった。「周りからは、え?スケート?フィギュアスケート?みたいな感じでした(笑)」

そして今、こんな時代はなかなかないといわれるほど、男女ともに人気と実力を兼ね備えたスター選手が続々と登場し、スケートを取り巻く環境は大きく変わった。

「スケートをしてくれている子は増えていますし、男性にとっても随分と入りやすい世界になったんじゃないかと感じています。それから応援してくださる方の数も増えました。やっぱりそれが一番の変化かなと」

今や日本のフィギュア界を牽引するひとりとなった髙橋選手は競技振興に対する思いも強い。

「これからも、もっともっと多くの方に見ていただいて、スケートをやってみたいと思える子どもたちが増えてほしいなと思っているのですが、それにはスケートリンクが圧倒的に足りません」せっかくやりたい子は増えても、スケートリンクの定員オーバーで入れなかったり、市や県が運営する公共のリンクは練習としては使えなかったり。もともと通年リンクの数が少ないうえ、やっと練習に使えるリンクに行っても混雑した中で滑らなければならないのが現状だ。

「僕自身はありがたいことに大学で時間枠を作ってもらっているのですが、それがなければ早朝や深夜になったりして今のような良い練習はできません。フィギュアだけではなくてホッケーだったりスピードスケート、ショートトラックといった競技があるので、各競技で使える時間帯の調整が日本では難しい。海外なら、1つのスケートリンクに2面リンクがあるのもあたりまえで、その差は本当に大きいです」世界中のスケート環境を見てきた髙橋選手だからこそ感じる個人ではどうにもならない問題に多くのジレンマを抱えている。

「スケートはとにかく場所がなければ始まらないスポーツだと思うので本当に頭が痛いです。リンクを探して日本中を家族で移動しているというのもよく聞く話ですし、このまま環境が整備できないために次世代の選手が育ちにくくなってしまうのではないかと心配しています」