ページ内を移動するためのリンクです。

USFからのお知らせ

サッカー日本代表 清武選手スパイク贈呈式

サッカーワールドカップブラジル大会日本代表の清武弘嗣選手よりお預かりしていたコロンビア戦で使用したスパイクを、郡山市立金透小学校に贈呈いたしました。
金透小学校は、東日本大震災で甚大な被害にあい、3年以上たった今でも校舎や体育館を改修中の状況です。
昨年、当財団がワールドカップアジア最終予選の試合観戦を含む金透小学校の修学旅行を企画したことをきっかけに、清武選手が運動機会の少ない児童たちを元気付けるために学校を訪問。その後も滞在先のドイツから生徒たちへの卒業ビデオメッセージを送っていただいたり、児童たちがワールドカップの応援メッセージを送ったりと暖かい交流が続いていました。

この度、アディダスジャパンのご協力により、当財団でスパイクをお預かりし代表理事が児童たちに届けました。

贈呈式には、全校児童が出席し、児童代表から清武選手や関係者にお礼の言葉が延べられました。スパイクは来月末に完成する新校舎に飾られる予定です。

140919清武スパイク贈呈式_01.JPG 140919清武スパイク贈呈式_02.JPG

140919清武スパイク贈呈式_03.JPG 140919清武スパイク贈呈式_04.JPG